このブログは、ホームページに書きためた8年分の日記を、Seesaaブログに移植したものです。
2006年以降の日記は「Moto's Page - Diary」で続けていますので、ぜひとも見てやってください。

2005-10-23 [Sun]

ひかり電話用ルータ

今日、NTTから約束通り、「ひかり電話」用のルータ「WBC V110M」が送られてきた。
担当者からの説明によると、VDSLモデムとルータとの間にかますだけで、何の設定もせずに使えるということだった。しかし、こいつは今使っているルータと性能的には同等のようだし、それに加えて「フレッツ・ドットネット」にも対応しているようだから、同じようなルータを二重に使うという無駄を省くため、新しいルータに一本化することにした。

ひかり電話用ルータの、WBC V110M梱包を開けてみると、意外に筐体が大きく、中央部はメタリックの紫という実に派手な色で塗られており、それがそのままニワトリの「とさか」のように上に飛び出している。そこには上向きの矢印が印刷されているので、その方向に引っ張ってみたら簡単に外れた。どうやらここに無線カードを差し込めば、無線LANにも対応できるようだ。
とりあえず、前のルータから配線を全部繋ぎ替えて電源を入れる。たくさんあるLEDが華やかだ。まずは、「まるごと設定ツール」という付属CDを使ったら、いとも簡単にインターネットには繋がった。その後は冊子の取説や、詳細取説CDを見ながら、マルチセッションやファームウェア更新、その他の細かい部分を設定して、環境としては元通りとなった。
さて、「4th MEDIA」導入上必要で申し込んだっきりのフレッツ・ドットネットだが、前のルータが「IPv6」に対応していなかったので、PCでは使いようがなかったわけだ。今回はそれが使えるようになったから、早速、各種登録作業を開始する。以前ダウンロードしておいた「スターターキット」を実行し、すべての設定を終了。無事にドットネットが使えるようになった。…と言っても、何がどう便利になるのかは未だにわかっていない。なんか、モノが新しくなっただけで、インターネットの速度まで速くなったように感じるのが不思議だ。
ひかり電話で相当安くなる分、「ナンバー・ディスプレイ」も同時に申し込んだので、今後は迷惑電話とはオサラバだ。あとは、来週の工事日にこのルータへ電話を繋げば、うちもようやく「ひかり電話」となる。実に長いこと待ったもんだなぁ。

2005-10-21 [Fri]

外付けHDD

うちの家族は、森永の「カレ・ド・ショコラ」というチョコが好きでよく食べている。
エル・メホールそのチョコはずっとプレゼントキャンペーンをやっていて、うちのかみさんは応募しまくっているのだが、外れてもダブルチャンス賞というものがあり、どこにも売っていない幻のチョコが当たるのだ。なんとそのチョコが、今日突然届けられた。
「El Mejor」(エル・メホール)という、いかにも旨そうな名前の、プレミアムな感じの箱で、「非売品」というのがなんとも有難味がある。幻のカカオ豆を100%使用とのこと。開けるのがもったいない気がするけど、良く味わって食べることにしよう。

今日は他にもう一つ届いたものがある。アマゾンで注文しておいた、例の安い外付けHDDだ。250GBもの大容量で、価格は15,000円ほど。USB2.0で速いし、動いてんだか動いてないんだか、LEDを見ないとわからないぐらいに静かだ。
何がイイって、電源切り替えスイッチを「AUTO」にしておくと、PCの電源を感知して自動で電源オン・オフすることだ。
もちろん買ってすぐ使えるようになってるんだけど、古いWindowsでも使えるようにFAT32でフォーマットされているので、1ファイルの最大容量に制限が出てしまう。ここはNTFSでフォーマットし直さないとダメでしょう。
さすがに250GBもあると、フォーマットするのに結構な時間が掛かったなぁ。すべてのセッティングを完了し、うちのオンボロPCはさらに快適になった。さぁ、これからISOイメージファイルをバシバシ溜め込むとするか。

2005-10-20 [Thu]

DVDバックアップ

先日DVDドライブを買ってから、うちのオンボロPCでもDVDが観られるようになって喜んでいるのだが、せっかく書き込みできるのに、ただ観てるだけじゃもったいない。しかも片面2層にも対応してるんだからね。安いわりに、ホント良いドライブだ。
そんなわけで、DVDのバックアップに挑戦することにした。

いろいろとバックアップソフトを調べてみると、フリーで最強のツールを見つけた。それは「DVD Decrypter」。どうやら公式サイトは閉鎖してしまったようだが、いろいろなミラーサイトで入手できるし、日本語化のパッチまで出ている。興味のある人は、Googleなどで検索して、なくなってしまわないうちにダウンロードしておいた方がいい。
DVDのリッピングは、リージョンを2に設定してから、モードを「ISO」の「読み込み」にしてボタンを押すだけ。完璧なISOイメージファイルを作ることができる。昨日は、何回も観まくっている「MATRIX」を実験材料にそこまでやっておいたが、実に簡単だった。あとは、DVDドライブに付属のソフト「Sonic RecordNow!」で2層のDVDメディアに焼けそうだ。
それでも、ちょっと慎重にドライブのマニュアルを読むと、付属ソフトの発売タイミングに、2層ディスクの規格決定が間に合わなかったようで、2層を焼くためにはWEBサイトで最新版をダウンロードしろと書いてあった。早速サイトに行くと、2層対応のアップデータが出ているではないか。いやぁ、ちゃんと調べておいて良かった。
ということで今日、DVDメディアを1枚だけ試しに買ってきた。まだまだ2層タイプは高くて、1枚980円もしたぞ。失敗を覚悟で書き込みを決行してみたが、なんともあっさりとバックアップができてしまった。4倍速だから30分程度だ。試しにソニーのプレーヤにかけてみると、まったく普通に観ることができたが、残念ながら東芝のDVDレコーダでは認識しなかったね。
まぁ、結果は大成功だったので、アマゾンで同じメディアを5枚買うことにした。こちらは少し安くて、1枚780円だ。それでもまだまだ高いよねぇ。ちなみに、なぜか5枚パックより、単体を5枚買う方が安い(^_^;)。
しかし、何でもかんでもメディアに焼く必要もないわけで、ISOイメージをHDDに録り溜めて、それを「DAEMON Tools」という仮想ドライブにマウントして楽しむというのもありだな。てなわけで、安い250GB外付けHDDも注文してしまったぞ。

2005-10-16 [Sun]

中国GP

この日記初の、1日2回更新。ヨーロッパと違い、F1最終戦の中国GPが昼間に観られたおかげだ。
上海インターナショナル・サーキットは、コースはもちろんマシンにも漢字のスポンサーロゴが多く見られ、最速バトルにはとても似つかわしくなく違和感を覚える。ていうか、とても古くさくて遅く見えるぞ。また、このレースを最後に、ザウバー、ミナルディ、ジョーダンという名門チームの名前が消滅することになるし、3リッターV10エンジンの時代も終わる。

決勝スタート直前の周回で、どちらが悪いのかM.シューマッハとアルバースが接触して大破。急遽Tカーでのピットスタートとなる。スタートでは17番手の琢磨がロケットスタートを見せて一気に11番手にまでジャンプアップするが、後にフライングと判定されてドライブスルー・ペナルティを食らい、最後尾に落ちてしまう。今年は何もかも、まったくうまく行かない。
琢磨よ、来年こそはレースの鬼となれ!レースは2番手のフィジケラがマクラーレンの2台を完全にブロックしている間に、アロンソがトップを独走する形で進んでいくが、18周目にセーフティカーが導入される。理由は縁石が突如めくれ上がり、それをモントーヤが踏んでしまったことによる。モントーヤはこれでピットインを何回か繰り返すハメになるが、結局その後リタイヤとなる。コンストラクターズ争いがかかった大事なレースなのに、最後まであんまり役に立たなかったねぇ。さらには、セーフティカー導入時にもかかわらず、M.シューマッハがコースアウトしてリタイヤという情けない結果。
その後は、カーティケアンが自爆で大クラッシュして、2回目のセーフティカー導入。その解除後しばらくして、琢磨が原因不明のスローダウン、そのままリタイアとなった。ミハエルも琢磨も、今年は本当にダメダメだったなぁ。
1位アロンソ、2位ライコネン、3位フィジケラの順でレースは続くが、フィジケラがセーフティカー導入時のピットインでライコネンを抑えたことが審議対象とされ、ドライブスルー・ペナルティを食らい4番手に落ちる。3位はR.シューマッハ。
結局そのままの順位でレースは終了。ルノーが1位と4位に入ったためにコンストラクターズ・チャンピオンまで獲得し、ドライバーズ・チャンピオンとダブルタイトル獲得となった。アロンソは無線で「We are The Champions」を歌っている。

あっという間の1年間だったけど、全体を通してみたら結構おもしろかった。でも、とにかく琢磨が何をやってもダメだったのが、ホントに見ていて疲れた。その反対にバトンはコンスタントに入賞するあたり、やはり違いを見せつけられた気がする。
また、いろんなことがガラッと変わる来年は、いったいどうなるのかな?
※編集部注
モントーヤが踏んでしまったのは、コース脇にある排水溝のフタが外れて縁石の上に乗ってしまったものだそうです。実に危ないなぁ。この瞬間と、アルバースがホイールナットを飛ばす瞬間は、テレビの解説と実況が気付く前にハッキリと見ましたよ。
タグ:中国 F1
23:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005-10-16 [Sun]

バックモニター

先日、お台場のパレットタウンからの帰りで、突然に映らなくなってしまった愛車オデッセイのバックモニター。
同じ症状が頻発しているとのことで、部品がなかなか入らない様子だったが、昨日ディーラーから部品入庫の連絡があったので、今日の朝一番から修理に向かった。最初は「こんなカメラなんか必要ないよ」なんて言っていたものだが、あればあったで非常に便利なもので、急に使えなくなってしまった今では、駐車時のバックがホントに頼りなくなっているほどだ。

おぉ、やっと映ったぞ!ディーラーにはホントに朝一番に着いたので、早速修理に取り掛かってもらい、その間しばらく、F1大好きの担当営業マンと日本グランプリの無念さを振り返る。昨日の最終戦での予選アタックでは、前回の失格のために1番目の出走となり、かなり辛かったねぇ。今回のBARホンダは、カラーリングがいつもと違ってたなぁ。
そうこうしているうちに1時間ほどで修理は完了。バックモニターにバッチリ後ろの風景が映るようになった。あぁ、これ、これ、この感じ。やっぱ、いいねぇ。
頻発している理由は、どうやら初期のロットに使っていたリアカメラに品質的な問題があるようで、ある期間が過ぎるとバタバタと故障するようだ。もちろん今のものは改善されていて、まったく問題ないとのこと。
まぁ、愛車オデッセイも間もなく納車後2年が経とうとしているが、リコールも含めてそれなりにいくつかの問題が発生しているものの、うちのディーラーは実に丁寧に対応してくれるので、まったく気にならない。逆に、細かな問題がどんどん改善されて、より良くなっていくことが嬉しいほどだ。
※重要なお願い
迷惑書き込み対策として、昨日よりこのサイトのBBSへの投稿は「メンバー登録制」とさせていただきました。
誠にご面倒ですが、最初に一度だけ自動登録作業をしていただければ、今まで通り自由に書き込み可能ですので、何とぞご協力をお願い申し上げます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。