このブログは、ホームページに書きためた8年分の日記を、Seesaaブログに移植したものです。
2006年以降の日記は「Moto's Page - Diary」で続けていますので、ぜひとも見てやってください。

2005-10-16 [Sun]

中国GP

この日記初の、1日2回更新。ヨーロッパと違い、F1最終戦の中国GPが昼間に観られたおかげだ。
上海インターナショナル・サーキットは、コースはもちろんマシンにも漢字のスポンサーロゴが多く見られ、最速バトルにはとても似つかわしくなく違和感を覚える。ていうか、とても古くさくて遅く見えるぞ。また、このレースを最後に、ザウバー、ミナルディ、ジョーダンという名門チームの名前が消滅することになるし、3リッターV10エンジンの時代も終わる。

決勝スタート直前の周回で、どちらが悪いのかM.シューマッハとアルバースが接触して大破。急遽Tカーでのピットスタートとなる。スタートでは17番手の琢磨がロケットスタートを見せて一気に11番手にまでジャンプアップするが、後にフライングと判定されてドライブスルー・ペナルティを食らい、最後尾に落ちてしまう。今年は何もかも、まったくうまく行かない。
琢磨よ、来年こそはレースの鬼となれ!レースは2番手のフィジケラがマクラーレンの2台を完全にブロックしている間に、アロンソがトップを独走する形で進んでいくが、18周目にセーフティカーが導入される。理由は縁石が突如めくれ上がり、それをモントーヤが踏んでしまったことによる。モントーヤはこれでピットインを何回か繰り返すハメになるが、結局その後リタイヤとなる。コンストラクターズ争いがかかった大事なレースなのに、最後まであんまり役に立たなかったねぇ。さらには、セーフティカー導入時にもかかわらず、M.シューマッハがコースアウトしてリタイヤという情けない結果。
その後は、カーティケアンが自爆で大クラッシュして、2回目のセーフティカー導入。その解除後しばらくして、琢磨が原因不明のスローダウン、そのままリタイアとなった。ミハエルも琢磨も、今年は本当にダメダメだったなぁ。
1位アロンソ、2位ライコネン、3位フィジケラの順でレースは続くが、フィジケラがセーフティカー導入時のピットインでライコネンを抑えたことが審議対象とされ、ドライブスルー・ペナルティを食らい4番手に落ちる。3位はR.シューマッハ。
結局そのままの順位でレースは終了。ルノーが1位と4位に入ったためにコンストラクターズ・チャンピオンまで獲得し、ドライバーズ・チャンピオンとダブルタイトル獲得となった。アロンソは無線で「We are The Champions」を歌っている。

あっという間の1年間だったけど、全体を通してみたら結構おもしろかった。でも、とにかく琢磨が何をやってもダメだったのが、ホントに見ていて疲れた。その反対にバトンはコンスタントに入賞するあたり、やはり違いを見せつけられた気がする。
また、いろんなことがガラッと変わる来年は、いったいどうなるのかな?
※編集部注
モントーヤが踏んでしまったのは、コース脇にある排水溝のフタが外れて縁石の上に乗ってしまったものだそうです。実に危ないなぁ。この瞬間と、アルバースがホイールナットを飛ばす瞬間は、テレビの解説と実況が気付く前にハッキリと見ましたよ。
タグ:中国 F1
23:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005-10-09 [Sun]

日本GP決勝

昨日とはうってかわって晴れ渡った鈴鹿サーキット。地上波初の生放送だし、BARホンダが好位置からのスタートということで、今日はどこにも行かず、もうワクワクしてテレビの前にかじりついていた。今日こそは琢磨に表彰台に上がって欲しいし、できればバトンでもいいからBARホンダに初優勝して欲しい。

シューマッハとバリチェロの手形そんな望みはスタート早々かき消されてしまった。1コーナーの混雑で、行き場を失ってコースアウトした琢磨にバリチェロが接触。ピットインを余儀なくされてしまう。頼むから、1コーナーでのアクシデントに巻き込まれるのだけはやめてくれないかなぁ。
1周目はその後もアクシデントは続き、最終コーナーでモントーヤがすっ飛んで大クラッシュ。早々にセーフティカーが導入された。このセーフティカー導入により、琢磨のピットロスは最小限に抑えられたものの、いきなり18番手にまで順位を落とす。琢磨はその後もしばらくして、シケインでトゥルーリの横っ腹に突っ込むなど、もう見ちゃいられないような状況だ。あまりにも他車に追突しすぎ。またしても審議の対象になるらしい。
バトンも一時はトップに立って、そのまま走り切ればBARホンダ初優勝かと期待したものの、やっぱり燃料が持たないらしくピットイン。しかもかなり時間を掛けて給油したために順位を落とし、初優勝は夢と消えた。チームとしての戦略はいったいどうなってるんだろうか。本気で勝つ気はあるのだろうか。もうガッカリだ。
それでも今年の鈴鹿はいろんなバトルが見られてホントに面白かった。アロンソとシューマッハの新旧王者対決や、同じくシューマッハとライコネンの世代交代争い、ライコネンとフィジケラの最後のトップ争いなど、抜けないサーキットと言われる鈴鹿の至る所でオーバーテイクが見られたのは、やはり天才たちの成せる技なんだろうね。スゴ過ぎる。
結果は17番手スタートのライコネンが大逆転優勝、2位はフィジケラ、3位は16番手スタートだった新王者アロンソ。これによって、コンストラクターズはルノーが2点差で逆転した。コイツらは、たとえどんな位置からスタートしても、確実に表彰台に上ることができるんだね。そりゃ、もう、ジャパンパワーがどんなに頑張っても勝てる気がしないなぁ。
※編集部注
審議の結果、トゥルーリに追突した佐藤琢磨は失格となり、次回の上海グランプリ予選では一番目のタイムアタックとなります。もう散々です。今年は恐ろしいぐらいに何やってもダメですね。
23:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005-10-08 [Sat]

日本GP予選

F1第18戦日本グランプリが開催される鈴鹿サーキット。予選がおこなわれる今日は雨模様。
いろんな懸賞で鈴鹿のチケットに応募していたんだけど、結局当たらなかったなぁ。今年のフジテレビは予選も決勝も生中継だから、せめてリアルタイムで琢磨を応援することにしよう。

BAR007の、1/18モデル予選開始するぐらいには雨が上がったものの、路面は完全にウエット。思うようにタイムも上がらず、最初にアタックしたクルサードの出したタイムが長らくトップをキープしていた。トヨタのトゥルーリもスピンしてしまいノータイム。そんな中、11番目に登場した佐藤琢磨。絶対ミスするなよ…と見ているこっちがドキドキするが、さすがホームコース、難なく1位をゲット。ヤッホー!
しかし、その後すぐにクリエンにトップを奪われて、ちょっとガッカリ。さらにその後、ラルフ・シューマッハがトップに躍り出て、バトンは2番手のタイムをたたき出す。
続いて常勝軍団がアタックする頃から雨が激しくなってきた。よーし、このまま雨、雨フレフレ、もっと降れぇ!だ。もうそれからは願い通り、雨がじゃじゃぶりでアタックどころではなくなり、強いドライバーたちがすべて後方グリッドへと沈んだ。
というわけで明日の決勝は、トヨタのラルフがポールポジション、ホンダのバトンが2番手、琢磨は5番手スタートとなった。
明日は晴れそうだから、入賞が十分期待できる。マジで琢磨には表彰台に上って欲しいぞ。
タグ:予選 鈴鹿 F1
23:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005-10-05 [Wed]

ホンダF1

ホンダは琢磨を見捨ててはいなかったというグッドニュース。
元々ホンダが45%の株を取得していたBARだが、年内に100%獲得することで、来期からは完全にホンダのフルワークスチーム(名称未定)として活動することになるらしい。あわせて、11番目の新規参入チームにホンダエンジンを供給し、そのチームのドライバーとして佐藤琢磨がシートを獲得する可能性が大きいということだ。

このチーム、現在では全くの謎であるが、ホンダが「信頼に足るチーム」だと認めているし、F1の親玉であるバーニー・エクレストンも認めているというぐらいだから、決してしょぼいチームではないだろう。
佐藤琢磨も実際に、あるチームからオファーがあると言っており、それがミッドランドなのか、ウィリアムズなのか、この新規参入チームなのかは不明だが、いずれにしても来期エントリー締め切りの11/15までにはハッキリするのではないだろうか。
やっぱり佐藤琢磨には、ホンダエンジンのマシンに乗って欲しいからね。
今日届いたサザンの7年ぶりのアルバムを聴きながら喜んでいたが、なんかトヨタのCMソングになってる曲が多いのが、ちょっと気になるなぁ(^_^;)。

B0009I9WNYキラーストリート (初回限定盤DVD付)
サザンオールスターズ
ビクターエンタテインメント 2005-10-05

by G-Tools
22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005-09-26 [Mon]

ブラジルGP

第17戦ブラジルGPを観た。
ここでアロンソは6ポイントさえ獲得すれば、史上最年少ワールドチャンピオンが決定する。ライコネンには何とか頑張って欲しいのだが、予選は5番手。たぶん、また燃料を満タンに積んでいるのだろう。対するアロンソは、なんとポールポジション獲得。佐藤琢磨は前回の追突事故によるペナルティとエンジン交換のため、最後尾からのスタートだ。

ホンダZ GSスタート早々、ピッツォニアとクルサードが接触して大破。セーフティカーが導入される。この事故にウェーバーも巻き込まれ、ウィリアムズは何もしないまま1周目で2台とも消えてしまう。その後は、アロンソ、モントーヤ、ライコネンの順位がめまぐるしく入れ替わり、最後尾スタートの琢磨もポンポーンと10番手まで順位を上げる。
結局、最後はモントーヤ、ライコネン、アロンソの順にチェッカーを受け、この瞬間、アロンソのワールドチャンピオンが決定した。シューマッハなんかがもうちょっと頑張って3位に割り込んでくれれば、もう少し楽しめたのにね。あとの2戦は、マクラーレンが1つも取りこぼさないように頑張って、コンストラクターズを死守しないとなぁ。
それにしても、アロンソってプレッシャーを微塵も感じないのかねぇ。とにかく落ち着いてて、危なげなく3位をキープするあたり、王者の風格なのか。最近はぶっとい眉毛もキレイに整えてるみたいだし(^_^;)。きっと天才なんだろうなぁ。でも、最後はやっぱり、めちゃくちゃ喜んでたねぇ。ちょっとだけ感動した。
バトンも連続入賞してるのはさすがだね。琢磨も頑張ったんだけど10位止まり。やっぱり確実にポイント獲らないと…。来年はどうなるのかなぁ。ミッドランド(現ジョーダン)でトヨタエンジンのマシンに乗るのかなぁ。琢磨と言えばホンダなんだけど。まぁ、どこへ行こうと、オレは琢磨を応援しているぞ。
タグ:F1 ブラジル
23:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005-09-12 [Mon]

ベルギーGP

今日はF1第16戦ベルギーGP。物凄い度胸が試されるというサーキット、スパ・フランコルシャンでのレース。
ポールはモントーヤ、2番手はもう1戦も落とせないライコネンと、現在最強最速のマクラーレンがフロントローを独占する。マジック4が点灯しているアロンソはさすがに手堅く4番手にいる。琢磨は10番手スタート。

決勝は、今年初のウェットタイヤを使うレースとなった。物凄い水しぶきで、前が全然見えない状況。雨に強い琢磨は、チームメイトのバトンを抜き去って6番手にまで上がり、今日は期待できそうだ。
エンジン交換のため10グリッド降格だったフィジケラは、オーバーテイクを連発して順位をジリジリと上げてきていたが、10周目にタイヤバリアに突っ込んで大クラッシュ。ここでセーフティカーが導入されることになり、各車一斉にタイヤ交換のためピットへ戻る。このとき、連絡ミスなのか何なのか、BARホンダの二人ともドライタイヤに交換してしまい、まだまだ路面がウェットの状況ではまともに走れないため、再度ピットインしてウェットタイヤに履き替えるという大チョンボ。これが原因で、琢磨11番手、バトン13番手まで順位を落としてしまう。
あぁ、幸せのとんぼよ〜どこへ・・・13周目にレース再開となった途端、信じられない光景が映った。なんと琢磨がシューマッハに追突して2台ともクラッシュ、リタイヤとなってしまったのだ。激怒したシューマッハは琢磨に抗議した後、ヘルメットを叩いたほど。自滅ならともかく、皇帝を巻き込んじゃダメでしょ。もうすべてがうまく行かないねぇ、今年の琢磨は…。唖然。
レースも終盤になると、ライコネン、モントーヤ、アロンソという順位。トゥルーリらがリタイヤする中、堅実に順位を上げてきたバトンが4位にまで上がっている。しばらくすると、なんとモントーヤがピッツォニアと接触し、まさかのリタイヤ。今となってはアロンソとの差を縮めるために、なんとしてでもライコネンをサポートすることが重要な役割のはずなのに、またしてもチームメイトとして屁の突っ張りにもならないリザルト。
結局ライコネンが優勝はしたものの、アロンソはしぶとく2位に入り、得点差はたったの2点でトータルポイントは25点差。バトンが3位表彰台に入ったのはさすがというところだろうか。この後の3戦は毎回、ライコネンの奇跡のためにも、モントーヤがアロンソにぶつけて止めてくれよ(^_^;)。
それにしても琢磨はまったくいいとこなし。ますます来期が危うい。今日は朝からガッカリだ。
タグ:ベルギー F1
23:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005-09-04 [Sun]

イタリアGP

世界屈指の超高速サーキットであるモンツァでおこなわれた、F1第15戦イタリアGP。
フリー走行から予選にかけてBARホンダが絶好調。決勝は2台とも2列目からのスタートとなり、表彰台に期待が掛かる。
どうしても勝ち続けなくてはならないライコネンは、またしてもエンジントラブルにより交換を余儀なくされ、予選でポールポジションを奪いつつも、決勝では10グリッド降格の11番手スタート。間違いなく最速なのに、あまりにもツキがなさ過ぎる。代わってポールからのスタートとなったのはチームメイトのモントーヤ。2番手は手堅くアロンソ。

ニッポンのサムライ、佐藤琢磨の来期の運命は・・・?決勝が始まり、とにかく琢磨が第1コーナーを無事に抜けてくれることを願う。一旦はトゥルーリに抜かれたものの、また抜き返して4番手をキープ。ヨシ!いいぞ。
各マシンが最初のピットインをするまでは、あまり大きな変化がなかった。13周目、14周目と、最初にピットインしたのはフェラーリ勢。燃料が少なかったにも拘わらず、この遅さはいったいどういうことだ。16周目には琢磨、17周目にはバトンが入るが、続いてなぜか琢磨が再ピットインしている。一瞬我が目を疑ったが、先ほどのピットインで燃料がまったく入っていなかったらしい。いったい何やってんだ。琢磨も果てしなくツキに見放されているけど、これじゃぁチームとしてダメダメじゃん。せっかくの4番手が16番手にまで落ちてしまう…。
ライコネンは25周目にようやくピットイン、完全に1ストップ作戦だ。またしても燃料満タンなのに予選タイムが1番速かったわけだ。スゴ過ぎる。しかし、今度は左リヤタイヤに異変が生じ、タイヤ交換を余儀なくされてしまう。こちらも、どこまでもツイていない。
残り5周で、1位モントーヤ、2位アロンソ、3位フィジケラ、4位ライコネンと並ぶが、モントーヤにもまったく同じようなタイヤトラブルが発生してしまう。それでも今日のモントーヤは素晴らしかった。ここでタイヤ交換したら1位はアロンソに明け渡すことになってしまうので、タイヤをいたわりながらチェッカーまで走り抜いたのだ。思わず拍手。
それにしても予選まで良かったBARホンダは、結局琢磨が16位、バトンはようやく8位で1ポイントという惨憺たる内容。ルノーやトヨタの堅実さとは大違いだ。獲れるはずのポイントをあまりにも簡単に落としている気がするなぁ。
※編集部注
あとでわかったことですが、琢磨の1回目のピットインで、燃料はちゃんと入っていたようです。
その後、さらに注ぎ足すことになったので、そりゃもう本当の意味での「満タン」になってしまい、重くて「走らない・曲がらない・止まらない」だったようです。もう勘弁して欲しいです。
タグ:F1 イタリア
23:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005-08-21 [Sun]

トルコGP

F1初開催となる、第14戦トルコGP。
最新設計のサーキットは反時計回りで、アップダウンが激しい上に、右に左にとコーナーが連続しており、さらにはコース幅も広いため、オーバーテイクがしやすいようだ。中でも魔の第8コーナーは、4Gもの横Gが6秒間ほど続くという最大の難関で、予選でも琢磨やバトンを含めて多くのドライバーがコースアウトして後方に沈んでいる。とりわけシューマッハは散々な結果だった。相当難しいこのサーキットでの、記念すべき初代ポールポジションはキミ・ライコネン。

トルコじゃなくて、ヴィーナス・フォート我らが佐藤琢磨は、予選アタック終了後に、続くウェバーのアタックを妨害したという疑いで予選タイム剥奪となり、なんと最後尾スタートのペナルティを受けてしまう。今年はホント、どこまでもツイてないなぁ。そんな状況だから、フォーメーションラップの後すぐにピットに入り、燃料を満タンにしてのピットスタートを選んだ。他のチームがほとんど2ストップ作戦の中、1ストップで行く気だ。この作戦が功を奏し、琢磨は怒濤の追い上げを見せる。同じくバトンも速く、BARホンダがルノーに迫る速さを取り戻したことがわかる。このグランプリは実に面白い。
ウィリアムズは2台とも右のリアタイヤがバースト。しかも何回交換しても同じタイヤがバーストする。どう見てもマシンのセッティングがおかしいようだ。シューマッハは接触によるダメージで一度はピットに頭から入ったものの、次回の予選を見越して修理して復帰。しかし結局リタイヤしてしまう。
レースはマクラーレンの1-2フィニッシュと思われたが、2位を走っていたモントーヤが追突されたダメージで、ラスト1周でコースアウト。3位だったアロンソが思わぬ2位をゲットすることになる。アロンソとチャンピオン争いをしているライコネンを援護するためには、しっかりとアロンソをブロックすべきなのに、こんな大事なときに何やってんだよ、まったく。ライコネンは輝かしいポール・トゥ・ウィンを飾ったものの、アロンソとの差は2ポイントしか縮まらなかった。
バトンは頑張って5位、琢磨は惜しくも9位でポイントならず。バリチェロのBAR入りが決定したことで、来期の琢磨のシートが危ういんだから、次回からはもっと頑張って、とにかくポイント稼がなきゃ。
タグ:F1 トルコ
23:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005-08-01 [Mon]

ハンガリーGP

F1第13戦ハンガリーGP。
実質抜けないといわれるハンガロリンク・サーキットでは、予選の結果とレース戦略が重要となる。そんな予選でポールポジションを奪ったのが、復活に懸ける皇帝シューマッハ。恐ろしいほどの速さだった。

F-15戦闘機決勝スタートしてすぐの第1コーナーで大混乱があり、バリチェロやクリエン、アロンソが、それぞれ接触によるダメージを受け、中でもクリエンは宙返りするほどのアクシデントだったが、とくに怪我などはなし。バリチェロもアロンソもフロントウィングを交換するハメになるが、途中に落っことしたアロンソのウィングをクルサードがもろに踏んでしまい、フロントをクラッシュしてスピン。結構危なかった。
しばらくはシューマッハがトップをキープするが、やはり圧倒的に速いのがマクラーレンの2台。どんどん差を詰めて、ついにはライコネンがトップに躍り出る。ところがモントーヤにはトラブルが発生してスローダウン、ピットまでたどり着いたものの、リタイヤすることになってしまう。
結局1位はぶっちぎりでライコネン、2位はシューマッハ、3位は弟のラルフとなり、琢磨は8位で今季初ポイントをゲットした。ポイントリーダーのアロンソは今回ノーポイントだったので、ライコネンとの差は元に戻ったような感じだね。ちょっとだけライコネンに希望の光が見えたかな。このまま勝ち続けてもらえると、またまた面白くなりそうだ。
このあと、初開催のトルコGP(8/21)まで、しばらくF1はお休みとなる。
※編集部注
なんと、佐藤琢磨が年末には父親になるそうです。おめでたい。
ところで、結婚してたんだっけ?
23:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005-07-24 [Sun]

ドイツGP

エキサイティングなカメラワークがカッチョイイ、F1第12戦ドイツGP。
予選では琢磨もバトンも頑張って好位置に着け、とくにバトンはポールポジションのライコネンと並ぶ、フロントロー2番手のスタートだ。前回イギリスGP優勝のモントーヤは予選最後のアタックだったが、気合いが入りすぎたのか、最後の最後でクラッシュ。最後尾からのスタートとなってしまった。やっぱりちょっとドンくさいんだよねぇ(^_^;)。

BMWイセッタ決勝がスタートし、直後の第1コーナーで混乱があり、そこでダメージを受けてしまったのが、よりによって佐藤琢磨。複数との接触でフロントウィングを飛ばされてしまい緊急ピットインを強いられる。まったく今年はツキに見放されているよねぇ。
快調に飛ばしていたライコネンも、なぜか35周目にコース上でストップしてしまい、無念のリタイヤ。アロンソとの優勝争いで1戦も落とせない状況なのに、これは痛い。結局アロンソがまたしても優勝し、2位以下に大きく差を付けてしまった。そんな中、最後尾からグングンとポジションを上げてきたのがモントーヤ、結果的には2位でフィニッシュ。予選のミスがなければ優勝だったのにね。バトンも最後まで頑張って、BARホンダ今季初の3位表彰台だ。琢磨はなんとか12位まで順位を上げたが、依然としてノーポイント。
今回のGPは、またしても琢磨がスタートからダメダメでがっかりしていたものの、レース自体はいろいろなところで凄まじいバトルがあり、なかなか見どころたっぷりのいいレースだった。それにしても、マクラーレンとルノーが速すぎて、この2チームがミスでもしない限り、あとのチームが表彰台に上るのは不可能な状況だね。
タグ:F1 ドイツ
23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。