このブログは、ホームページに書きためた8年分の日記を、Seesaaブログに移植したものです。
2006年以降の日記は「Moto's Page - Diary」で続けていますので、ぜひとも見てやってください。

2005-12-18 [Sun]

新ブログ

マリオ・ファミリーまたかよ?…って言われそうだが、新しいブログを立ち上げた。先日のぷららの「Broach」でブログというものを初めて経験し、それなりに作り上げたのだが、操作性や機能などにイマイチしっくり来ない部分も多く、世間一般のブログがどんなものなのか気になり始めたところだった。

ブログの比較サイトを見て研究した結果、オレのようにアマゾンなどのアフィリエイトを使う場合には「Seesaa」のブログが一番良いようだ。なんと言っても、ここは無料で2GB使えるし、複数のブログが作れるのがスゴイ。設定もかなり自由度が高いのだが、もちろんHTMLも自由に使える。試しに使い始めると、かなり思うままに使えるのが楽しくてハマってしまい、早速ぷららで作った映画ブログを移植して、新生「Moto's Cinema Blog」の誕生となったわけだ。
これからぷららのヤツもどんどん進化していくだろうとは思うが、とりあえず本館はこの新ブログにしようと思う。

2005-11-30 [Wed]

ブログ開始!

ついに「ぷらら」でも「Broach」というブログサービスが試行開始されたことを、ぷららから送られてきた雑誌によって初めて知った。来年春の本サービス開始まで、先着4,000名が無料試用できるそうだ。もちろん、本サービスが開始となっても、フリーチケット対応でそのまま続行できるわけだから、実質無料というわけだ。

ディズニーランドのガラス職人新しもの好きのオレとしては、昨夜、当然のように申し込んだ。容量は100MBもあるぞ。問題は何について書くか?ということだが、普通に日記を書いてたんじゃ、こことの違いがなくなって、ついには「Moto's Page」閉鎖の危機に陥ってしまう。
…となれば、今BBSで続けている「今日観た映画の感想」を書き留めていくブログにしよう!と、あっという間に決定。早速、どんな形式にすれば見栄え良くできるか、研究に研究を重ねたわけだが、なかなかタグが上手く反映されず、当初のもくろみ通りの構成にはできない。眠い目を擦りながら、なんとか構成が決まったときには、もう丑三つ時。そして今日、会社から帰って作業を続け、ついに「Moto's Cinema Blog」が完成した。
やはり、文字だけのコメントよりジャケット画像があった方が、それぞれの映画を観たときの記憶が鮮明に蘇る気がする。そもそも始めたのが、TSUTAYAでDVDをレンタルする場合に、一度観たけどあまり印象に残ってない場合、観たのか観てないのかはっきりせずに再度借りてしまうという無駄をなくすためだったのだ。
今年の5月から観た映画をすべて反映させたから、まるでずっと以前からブログをやってたように見えるぞ。
※編集部注
「Moto's Cinema Blog」には、サイトトップにある四季折々のイラストをクリックすることでジャンプできます。
その他、いろいろなところにリンクを張ってあります。

2005-11-02 [Wed]

Bフレッツがダウン!

東証のシステムがダウンした昨日、時を同じくして我が家のBフレッツも完全にリンク切れを起こしてしまった。
かみさんによると、昨日の午後から電話の音声が非常に小さいなどの異常が見られたそうだが、オレが出張から帰ってきた頃にはインターネットにも繋げない状態。とりあえずVDSLモデムの電源を入れ直してみたが、まったく繋がる気配がない。こんな状況になったのは、開通初日を含めて3回目だ。これは故障担当に電話するしかないわけだが、ひかり電話はもちろん使えないので、ケータイからかけることになる。まず「113」にかけたら、NTTではなくauの故障担当に繋がった…。

気を取り直してフリーダイヤルにかけると、5時以降は録音対応になるとのこと。平日働いてるヤツが5時までに故障に気付くわきゃないだろうに…。いつ連絡してくれるのかわからないけど、とりあえず録音するしかない。しばらくすると録音しておいたケータイ番号に連絡があった。向こうでもリンクが確立していないのを確認できているそうだ。まずは1分以上待ってからモデムの電源を入れ直してくれと言うが、そんなことは既に何度も試している。言われたとおりにやってみたが結果は同じ。今度はジャックを抜き差ししてくれというリクエストにも応えたが、やはり無駄なこと。それでは明日の朝一にお伺いします…とのことだが、そんな時間に誰も家にいるわけがない。仕方がないので3時に来てもらうことにした。
変な装置かみさん一人では心許ないので会社を早く上がったのだが、担当者が来たのは4時近く。いつものことだけど、NTTの作業者って時間を守ったことがないんだよな。
早速、MJからのコードに変な装置を繋げて、いつものように集合装置を見に行った。しばらくして帰ってくると、集合装置直前のコネクタ部に圧着不良が見つかったそうな。初期の工事で圧着作業がいい加減だったために、手で引っ張ったら簡単に抜けてしまったとのこと。それを修理してから他の部分も十分にチェックしたので、今後は安心してお使いいただけます…とのことだ。過去2回とも直接の原因はこれだったのかもしれないとのこと。よくそんな不安定な状況で2年も使ってたもんだ。…ていうか、今まで繋がってたこと自体が奇跡的じゃないか。もっと確実な仕事をしようぜ、ホンマに。もう、こんなことはコリゴリだ。
ようやく2日ぶりでネットに繋がったら、迷惑メールを含めて新着メールが100件近くあり、新型サイバーショットの情報や、鈴木亜久里の新F1チーム、ウイルスバスター2006の最新ダウンロードなど、情報が盛りだくさんだ。やっぱ、ネットが使えないとホントに困る今日この頃だ。

2005-10-27 [Thu]

ひかり電話開通!

本当ならば今月は日本全国を駆け回っていたはずなんだけど、事情があってしばらく延期になっている中、昨日はまたしても宮城に出張してきた。今年になって5回目だが、特に問題があって行くわけではないので、随分と気が楽だった。

一夜明けた今日は、待ちに待った「ひかり電話」開通の日。とりあえず工事開始前に確認の電話があるが、家に人がいてもいなくても局舎内の工事はやってしまうらしい。その工事とあわせて、電話関係の配線を替える作業が必要となり、それをやらない限りは電話が不通のままとなってしまう。オレ以外の誰にそんなミッションを任せられるかというと、当然だが誰も任務を遂行できそうにないので、あらかじめ今日は会社を休ませてもらうことにしていた(^_^;)。
約束通り、NTTから工事開始の電話が入る。一緒に頼んでおいた「ナンバー・ディスプレイ」の工事について確認すると、工事担当のおじさんが渡された指示書には「ひかり電話」に替える作業だけしか書かれていないとのこと。付加サービスは別の部門がやるらしいのだが、どうにも頼りない返事。まぁ、問題があったら故障対応に電話してくれと言われたので、とりあえず作業に入る。
「VoIP」ランプが光ったぞ!この電話を切ったら配線を繋ぎ替えてくれとのことだったので、今まで付いていた分岐器やフィルタをとっ外し、MJからVDSLモデムへ直結、新ルータから電話へと配線し直した。説明書には自動設定に20分ぐらい掛かると書いてあるんだけど、電源入れたら1分もしないうちに「VoIP」ランプが緑に光って準備オッケー状態になった。ホンマかいな?
電話の受話器を取ると、ちゃんと「ツー」と言っているし、試しに「177」の気象情報にかけてみると難なく繋がった。どうやらホンマに開通したみたい。…で、問題の「ナンバー・ディスプレイ」はどうなったのかと思い、ケータイから自分ちにかけてみたら、呼び出し音ばかりで家の電話は鳴らない。やっぱ、まだ完全じゃなかったんだね。しばらくして、もう一度ケータイから電話してみたら、すぐに家の電話が鳴り、なんとオレのケータイ番号が表示されているではないかいな。おぉ、こんな些細なことで、かなり感動してしまったぞ。
電話機自体が「非通知着信拒否」の機能を持っているので早速設定した。これだけでも迷惑電話には十分対抗できそうだが、さらには堂々と「通知」でかけてきたヤツに対しても、すかさず「迷惑電話」ボタンを押せば自動で着信拒否されるようになるので、迷惑電話とは今日を限りに本当にオサラバというわけだ。いやぁ、実にめでたい!
※編集部注
試しに外から非通知で電話をかけてみたら、「この電話はお受けすることはできません。恐れ入りますが……」とお断りメッセージが流れていました。まさに完璧です。

2005-10-23 [Sun]

ひかり電話用ルータ

今日、NTTから約束通り、「ひかり電話」用のルータ「WBC V110M」が送られてきた。
担当者からの説明によると、VDSLモデムとルータとの間にかますだけで、何の設定もせずに使えるということだった。しかし、こいつは今使っているルータと性能的には同等のようだし、それに加えて「フレッツ・ドットネット」にも対応しているようだから、同じようなルータを二重に使うという無駄を省くため、新しいルータに一本化することにした。

ひかり電話用ルータの、WBC V110M梱包を開けてみると、意外に筐体が大きく、中央部はメタリックの紫という実に派手な色で塗られており、それがそのままニワトリの「とさか」のように上に飛び出している。そこには上向きの矢印が印刷されているので、その方向に引っ張ってみたら簡単に外れた。どうやらここに無線カードを差し込めば、無線LANにも対応できるようだ。
とりあえず、前のルータから配線を全部繋ぎ替えて電源を入れる。たくさんあるLEDが華やかだ。まずは、「まるごと設定ツール」という付属CDを使ったら、いとも簡単にインターネットには繋がった。その後は冊子の取説や、詳細取説CDを見ながら、マルチセッションやファームウェア更新、その他の細かい部分を設定して、環境としては元通りとなった。
さて、「4th MEDIA」導入上必要で申し込んだっきりのフレッツ・ドットネットだが、前のルータが「IPv6」に対応していなかったので、PCでは使いようがなかったわけだ。今回はそれが使えるようになったから、早速、各種登録作業を開始する。以前ダウンロードしておいた「スターターキット」を実行し、すべての設定を終了。無事にドットネットが使えるようになった。…と言っても、何がどう便利になるのかは未だにわかっていない。なんか、モノが新しくなっただけで、インターネットの速度まで速くなったように感じるのが不思議だ。
ひかり電話で相当安くなる分、「ナンバー・ディスプレイ」も同時に申し込んだので、今後は迷惑電話とはオサラバだ。あとは、来週の工事日にこのルータへ電話を繋げば、うちもようやく「ひかり電話」となる。実に長いこと待ったもんだなぁ。

2005-10-20 [Thu]

DVDバックアップ

先日DVDドライブを買ってから、うちのオンボロPCでもDVDが観られるようになって喜んでいるのだが、せっかく書き込みできるのに、ただ観てるだけじゃもったいない。しかも片面2層にも対応してるんだからね。安いわりに、ホント良いドライブだ。
そんなわけで、DVDのバックアップに挑戦することにした。

いろいろとバックアップソフトを調べてみると、フリーで最強のツールを見つけた。それは「DVD Decrypter」。どうやら公式サイトは閉鎖してしまったようだが、いろいろなミラーサイトで入手できるし、日本語化のパッチまで出ている。興味のある人は、Googleなどで検索して、なくなってしまわないうちにダウンロードしておいた方がいい。
DVDのリッピングは、リージョンを2に設定してから、モードを「ISO」の「読み込み」にしてボタンを押すだけ。完璧なISOイメージファイルを作ることができる。昨日は、何回も観まくっている「MATRIX」を実験材料にそこまでやっておいたが、実に簡単だった。あとは、DVDドライブに付属のソフト「Sonic RecordNow!」で2層のDVDメディアに焼けそうだ。
それでも、ちょっと慎重にドライブのマニュアルを読むと、付属ソフトの発売タイミングに、2層ディスクの規格決定が間に合わなかったようで、2層を焼くためにはWEBサイトで最新版をダウンロードしろと書いてあった。早速サイトに行くと、2層対応のアップデータが出ているではないか。いやぁ、ちゃんと調べておいて良かった。
ということで今日、DVDメディアを1枚だけ試しに買ってきた。まだまだ2層タイプは高くて、1枚980円もしたぞ。失敗を覚悟で書き込みを決行してみたが、なんともあっさりとバックアップができてしまった。4倍速だから30分程度だ。試しにソニーのプレーヤにかけてみると、まったく普通に観ることができたが、残念ながら東芝のDVDレコーダでは認識しなかったね。
まぁ、結果は大成功だったので、アマゾンで同じメディアを5枚買うことにした。こちらは少し安くて、1枚780円だ。それでもまだまだ高いよねぇ。ちなみに、なぜか5枚パックより、単体を5枚買う方が安い(^_^;)。
しかし、何でもかんでもメディアに焼く必要もないわけで、ISOイメージをHDDに録り溜めて、それを「DAEMON Tools」という仮想ドライブにマウントして楽しむというのもありだな。てなわけで、安い250GB外付けHDDも注文してしまったぞ。

2005-09-07 [Wed]

インターネットカフェ

今日、出張中に会社から電話があり、金曜日の出張で使う新幹線の時間を変更したいとのこと。
何だよ、せっかく「えきねっと」で予約して、あとは帰りに受け取るだけだったのに…。
仕事も終わり、家路に向かう途中、昨日の予約内容を確認したところ、受け取り前なら1回だけ予約変更が可能と書いてある。ひょっとしてケータイからも変更できたりするのかな?なんて、いろいろやってみたけど、どうやらPCからケータイを登録しておく必要があるし、たぶん変更まではできそうにない。何とか今日中にチケットを手に入れておきたかったのだが、わざわざ家に帰ってからPCで変更するのもバカバカしい。そうだ、インターネットカフェに行って変更してみよう。

横浜駅周辺を探して、「横浜910(キュート)」という店を発見。生まれて初めてインターネットカフェのドアを開ける。今まで怪しいイメージしか持ってなかったから、そりゃもうドキドキものだ。
受付へと向かい、「あのう、初めてなんですけど…」と言うスーツ姿のおっさんに、店員さんが親切丁寧に説明してくれた。非常にイイ雰囲気で、お客も結構いるようだ。とりあえず「シングルVIP席」を1時間使うことにする。席の番号を教えられ、高いパーティションで区切られた迷路のようなところを進み、自分の番号を探した。
ケータイで撮ったので、暗くて何だかよくわからない写真ですね。ドアを開けるとトイレぐらいの個室で、まさに隠れ家気分。すげぇリラックスできそうなシートがあり、パソコンのディスプレイとキーボードはロボットアームに乗っかってて自由自在に動く。電源を入れたらWindowsが立ち上がり、店のサイトが開いた。早速、「えきねっと」のサイトへ行って予約の変更作業を開始。あっという間に終了して、無事に予約を変更することができた。結構サクサクと動くので、回線スピードを測ってみたら50Mbps出ている。こりゃ快適だ。フリードリンクということで、勝手にいろいろと飲むことが出来る。テレビやDVD、PS2、もちろんマンガも揃っているようで、暇なときにはもってこいだな。シャワールームもあるらしいぞ。
利用時間はちゃんと自己管理しないと、1分でも過ぎたら15分単位で勝手に料金が加算されていくと受付で聞いていたので、5分前ぐらいからIEのキャッシュやらクッキー、履歴などもすべて消去して、証拠隠滅を忘れずにおこなったよ。
こうして、初めてのインターネットカフェ体験は終了し、無事に変更済みチケットをゲットできた。機材も使いやすく料金もリーズナブルだったので、オレのインターネットカフェに対するイメージは、限りなく良くなったぞ。

2005-08-10 [Wed]

パソコン定期点検

愛媛に帰省すると、毎年必ず妹の家族にお世話になる。
去年は赤ちゃんだった下のガキンチョも、1年も経てば随分と大きくなって、怪獣ぶりを遺憾なく発揮していたぞ。
お礼といっては何だけど、パソコンなどの不具合を1日かけて点検するのが、毎年恒例となっている。

入道雲今回は、最近新しく買ったテレビパソコンと、オレと同時に買ったDVDレコーダなどの接続と設定を見ることにした。症状としてはLANに繋がっているはずのこれらのモノが、お互いに繋がったり繋がらなかったりと不安定な状況らしい。接続を一つずつ確認していくと、ADSLモデムがルータ機能を持っているタイプであるとか、IP電話を使っているとか、2階のパソコン用に無線ルータをかましていることとか、なかなかに複雑な状況であることがわかった。設定はプロが来てやってくれたらしいので、確認した結果でも間違いはないと思われる。となると、大概こういうときに怪しいのは、パソコンに付属しているノートンのセキュリティソフトである。ルータをかましているので、とりあえずファイアウォールを切ってみたら、すべてちゃんと動くようになった。
オレも久々にパソコンを使えたおかげで、メールチェックして業者とも大事な連絡が取れ、会社の仕事も出来たから良かったよ。こういう帰省時なんかにはホント、ノートパソコンが欲しくなるよね。今度買うか(^_^;)。
DVDレコーダも無事にLANに繋がり、「番組ナビゲータ」を使って予約も簡単にできるようになった。肝心のテレビとの接続も一部不要な部分があり、機能を最大限発揮していなかったようだが、よくここまで一人で頑張って接続したものだと褒めてあげよう。その他、諸々今まで気になっていた部分や不具合を確認して、今年の定期点検は終了。
あ、そういえば、DVDレコーダのファームウェアをバージョンアップするの忘れた。また来年か?

2005-05-22 [Sun]

パソコンが壊れた!

サッカー・キリンカップのペルー戦で、なんと!ロスタイムに失点してしまい、0-1で敗れてしまった今日この頃、パソコンの電源を入れたけど起動しない。HDDをまったく認識していないのだ。何回かリセットをかけても同じ状態。
こういうときはリセットするより、いったん完全に電源を落とせばいいのだ。ということで電源を落として再度入れ直すと、思った通り問題なく立ち上がったではないか。すっかり安心して普通に使用した後、出かけるので電源を落とした。

ウッディー帰ってきてからまた電源を入れてみたが、またしても立ち上がらない。さっきと同様、何度か電源を切ってからやり直すが、今度はまったく立ち上がらない。
やべぇ、今度こそホントに壊れちゃったぞ…。
いろいろいじっていると、時々どこからともなく「ピーピー」という非常にか細い音が聞こえてくる。パソコンを開けると、どうやらマザーボードが鳴いているらしい。これはひょっとして、バックアップ用のボタン電池が切れたんではなかろうか。なんせ、このマザーボードを買ってから6年近いから、切れてもしゃぁないだろう。とりあえず説明書を見てみたが、電池切れでピーピー鳴くなんてどこにも書いてないし、ましてや対処方法もない。でもたぶんこれが原因だろうと決めつけて、近くのスーパーへ行って電池を買ってきた。祈りながら電池を交換したものの、すぐには症状が治まらない。内心ヒヤヒヤもんだったが、CMOSクリアすることで見事ビンゴ! ピーピー音は消え、無事にHDDを認識したので、BIOS設定を元に戻して今まで通り立ち上げることができた。めでたし、めでたし。でも、これで本当に動かなかったら、新しいパソコンを買えるかな?…なんて、ちょっとは期待したんだけど、もうしばらくこれで頑張るしかないな(^_^;)。
しっかし、こんなもので動かなくなるもんなんだねぇ。どこにでも売ってるような電池で良かったよ。ふぅ…。
タグ:PC トラブル

2005-04-23 [Sat]

ウイルスバスターの不具合

娘が、午後になって「パソコンが壊れた」と言ってきた。しょっちゅう壊れるので、また何か悪いことでもしたんだろ!と言いながらいろいろと見てみたが、シャットダウンもできなきゃ、再起動もろくにできない。エクスプローラ自体が落ちてしまっているようだ。まさにどうしようもない状態だが、出かける用事があったので、いったんそのままで置いておくことにした。

私はスペースレンジャー、バズ・ライトイヤー!さて、酔っぱらって帰ってきた夜の9時過ぎ。オヤジの実力を見せるためにも、なんとしてでも直さなければならない。まずはハードディスクが物理的に壊れたかもしれないので、セーフモードで立ち上げてチェックディスクなどやってみるが、特に問題ないようだ。前回正常に立ち上がった状態で起動してみると、さっきと違ってエクスプローラ自体は起動しているようだが、やはりソフトも起動できず、何も作業ができないような状況だ。いろいろいじっていて、なんとなくウイルスバスターがうまく起動していないように思えたので、最新版にアップデートしようとしたが、ウンともスンとも言わなくなり、タスクマネージャを見ると「応答なし」だ。
よーし、わかった、何らかの原因でウイルスバスターのファイルが壊れたんだ!と確信したので、もう一度セーフモードで立ち上げて「システムの復元」を使い、数日前の状態に戻してみた。結果はビンゴ!うまく起動し、IEなども起動できるようになった。この状態でウイルスバスターのアップデートをおこなうと、無事に最新版にアップデートされ、再起動を促された。そのあとは、いつもの快適な状態に復活。我ながらスゴイと思った瞬間である(^_^;)。
あとで調べてみたら、ウイルスバスターの最新パターンファイルに原因不明の不具合があって、CPU稼働率が100%になってしまい、何も動かなくなるという症状が全国各地で発生しているようだ。実際に、選挙や鉄道などのコンピュータシステムに弊害が出た模様で、問い合わせは7万件にもおよんだそうだ。ウイルスを防いでくれるこのソフトには随分とお世話になっているが、逆にウイルスのような動きをしてしまうとは、非常に皮肉なものだねぇ。
※パターンファイル問題修復ツール(TMRMTool.exe)が公開されています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。