このブログは、ホームページに書きためた8年分の日記を、Seesaaブログに移植したものです。
2006年以降の日記は「Moto's Page - Diary」で続けていますので、ぜひとも見てやってください。

2005-08-26 [Fri]

インターフェースボード

オレのオンボロパソコンに何やってもダメだってことは、もういい加減わかっているはずなのに、無性に何かを取り付けたいという衝動に駆られるときがよくある。この前のDVDドライブに続き、今日はヨドバシに寄ったついでに、このボードを買ってきた。
バッファローの「IFC-PCI6GLIU2」という、ギガLANと、USB2.0、IEEE1394が1枚になったボードである。
いつまでもUSB1.1しか使えなくて、USBメモリの読み書きや、デジカメからの吸い上げなどが、十分な速さでおこなえていないことに少しずつ不満が募っていたのだ。で、せっかくUSB2.0を付けるのなら、いろんなものが一緒になっていた方がPCIバスを1つしか使わなくて済むと思ったのである。ギガLANも今は宝の持ち腐れだけど、将来的には役に立つんじゃなかろうか。

取り付けは実に簡単に終了したが、一気に機器構成が変わったと判断されたようで、昔々XPをインストールしたとき以来の「アクティベーション」を要求されて、ちょっとビックリした。USBメモリなどを使って、USB1.1と2.0で速度を測り比べてみたりしたけど、確かに2.0の方が数倍は速くなっているようだね。内蔵のポートも持っているボードなので、PCケースのフロントパネルに付いているUSBポートも2.0にバージョンアップしたぞ。気分的にLANも速くなったように感じるなぁ。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。