このブログは、ホームページに書きためた8年分の日記を、Seesaaブログに移植したものです。
2006年以降の日記は「Moto's Page - Diary」で続けていますので、ぜひとも見てやってください。

2005-05-20 [Fri]

人とくるまのテクノロジー展

今年も「人とくるまのテクノロジー展」に行ってきた。
通好みのこの展示会、なんと去年の今日は説明員として参加してたんだよなぁ。いつも通りクルマやエンジンのカットモデルがたくさん展示されている。昔はただエンジンをぶった切って、断面を赤く塗っただけ…なんてモノが多かったが、今どきのカットモデルは透明パーツを使ったり、照明を付けたりと、実にキレイな見栄えだ。とくに日産のエンジンがキレイだったなぁ。

レジェンドのカットモデル他には、ランエボの華麗なドライビングシーンのビデオ上映に釘付けになったり、ハリヤーのハイブリッド車をながめたりと、ず〜っと見てても飽きないものばかり。
去年のホンダブースには愛車オデッセイのカットモデルが置いてあったけど、今年はレジェンドだ。最新の安全装置を体験できるドライビング・シミュレータもあったので、ちょっとやってみようかな?とも思ったけど遠慮しといた。
いろいろと写真も撮ったけど、去年のしょぼいケータイカメラと違って、今年は常に持ち歩いているサイバーショットで撮ってきたぞ。とくに嬉しかったのは、佐藤琢磨が去年のアメリカGPで3位に入賞した「BARホンダ006」が展示されていたこと。これが撮れただけでも大きな収穫だ。F1って、実際に見ると結構コンパクトなんだよねぇ。まさにエアロダイナミクスの固まりだ。タイヤも随分と小さく見えるぞ。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。